聞かれることが多いので、簡単にですがまとめておきます。
少し時間ができたら、個々にメールを送らせていただきます^^

まずは、
こちらのページから、チャリティー団体を選びます。
アメリカやオーストラリア、ニュージーランドの団体もありますが、
最低金額が日本円で7ケタのものもあり、さらには枠が狭いと思われますので、
一般的な方は"UK Listings"からイギリスの団体を選んだ方が無難かと思います。

チャリティー団体の選び方は、何でも良いと思います。
純粋に応援したい団体を選んでも良いし、
最低金額が低い団体を選んでも良いと思います。
1,500ポンドくらいから2,200ポンドくらいが多いでしょうか。
去年の感じだと1,750-2,000ポンドが平均かなという印象です。
たとえばこの団体は、最低金額が1,650ポンドなうえに、
2,000ポンド以上集めるとasicsのシューズが無料でもらえるとか!
ただ、だいたいどこも選考があるようなので、いくつか選んで応募した方が良いかと。

あとは、リストの中で、途中何本か太線で区切られて、団体のマークとかの大きさが変わっていますが、
リストの上の方に載っている団体は、枠をたくさん持っている(というか買っている)団体だと思います。
たぶん枠が多い方が、抽選に当たってキャンセル、なんて人が出やすいし良いんじゃないかと。
あと、枠が多い方が、チャリティーランナー同士道中で応援し合えるのと、完走パーティーの規模が大きいのと、
ランナーの家族も多いので絶叫応援をたくさんもらえます☆

ちなみにわたしはJDRF, Diabetes UK, British Red Crossの選考に落ちました(笑)

一般的な日本人の英語力の方の場合、
応募に際しては、下調べをして、
あらかじめwordとかメモ帳で応募動機など必要な文章を作っておいた方が良いと思います。
じゃないと時間がかかりすぎて最初からやり直しになることがあります。
経験者は語るw

またいつか、ロンドン走れたらいいなぁ

JUGEMテーマ:ジョギング

今回は木曜in 月曜outという日程にしました。
金曜日に余裕をもってエキスポに行けたので、これは良かったと思います。
(やっぱり土曜のエキスポは混んでいるので)

エキスポでびっくりしたのは、去年の仮装として飾られていた
この水道とトイレコンビ。



WaterAidという団体へのチャリティランナーさんはこの仮装で走られたそうです。
Water感満載ですね。

ちなみに水道はサブ4
トイレはサブ3
42.195 kmを駆け抜けたそうです。

英国ランナー強すぎる。

ロンドンマラソンはギネスに挑戦する人も多くて、
今年も、
ハイヒールでフルマラソンのギネス!とか
二人三脚でフルマラソンのギネス!とか
いろんなことに挑戦してるランナーがいました。

今年出たギネスでわたしが記録を破れないのは
スパイダーマン着て2時間30分
ナース服着て2時間46分(男性)
ナース服着て3時間8分(女性)
バスケットボール2つをドリブルしながら4時間10分

とかですねー。

運動神経ゼロなので、ボール2つでドリブルなんて
わたしがやったら何時間かかることやら。
日が暮れる自信あります。

医師仮装のギネス記録は3時間13分なので
このあたりは頑張れば破れる?笑

わたしもいつかまた抽選に当たってロンドンに挑戦できることになったら、
今度はチャリティランナーで
何か団体に関連した仮装ガチランでギネスを狙ってみようと思います^^

☆いつも応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:ジョギング

だいぶ経ってしまいましたが、ラスト7.195 km
ちなみに最後の7.195 kmでは225人を抜き116人に抜かされています(笑)
もう少し根性をつけたいものです。

※5 km毎のラップはofficial, 1 km毎はガーミンなのでずれがあります。

35-40 km 24'10 (4'51)
4'41 - 4'48 - 4'41- 4'46 - 4'56


35 kmからはひたすらまっすぐ西に向かいます。
世界遺産・ロンドン塔の裏を通り、city of Londonに入ります。
テムズ川沿いに走る部分は、ロンドンオリンピックでも部分的に使われています。
オリンピックでは途中曲がったりしてまた戻ってくるのだけど、
ロンドンマラソンではまっすぐ。
建物との立体交差があったりするのですが、
23マイル(36.8 km)あたりで一度トンネルに入ります。
今思えば、この部分は暗すぎてオリンピックのコースに採用されなかったのかもしれません。
途中で脚が売り切れても、central finishなロンドンではなんとか走り切れる!
と思い込んでconditionよりも突っ込んだ設定で走りましたが、
応援も多くてなんとか走れた感じです。
24マイル手前で登り坂になります。
ここの登りのとき、上からみんなHitomi!Hitomi!って応援してくれて嬉しかったです。

登りきったところからの2.2マイルのコースは本当に最高。
左手にテムズ川(ただし、応援が多すぎて川はほぼ見えません。)
遠くにロンドンアイ
マーラ・ヤマウチさんのおっしゃっていたことがよく分かりました^^

40 km - goal 10'42 (4'53)
4'48 - 5'12

40 kmを過ぎると、遠くにビックベンのclock towerが見えてきます。
そして、どんどん大きくなってきます。
8ポンド払って名前を入れた効果は抜群で、本当にたくさん応援してもらえました。
やっぱりcentral finishはいいなぁーと思いつつ、
痛さも限界の足でなんとか3時間15分は切ろうと気合で走っていました。
国会議事堂の角を曲がると、セントジェームズパークの横を通り、
バッキンガム宮殿へと向かいます。
バッキンガム宮殿の前をぐるっと回って、ザ・マルでゴール!



練習しなくても、記録って出るときは出るものだなーと。
いろいろなことがあったけれど、
ロンドンのスタートラインに立ち、ゴールするまでには、
たくさんの友人の協力・応援がありました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

まとめ・感想その他もろもろはまた別記事で。

British Heart Foundationのcharity page

☆いつも応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
JUGEMテーマ:ジョギング

2016年のLondon Marathonですが、charity of the yearがNSPCCという団体に決まったようです。
青少年のメンタルヘルス関連の団体のようです。
ミニマム2200ポンド。
ちなみに抽選に当選しても、charity runnerになることはできます。
その場合、いくら以上、というのはありません。
適度な額を募金すれば団体のシャツを着て走ることはできると思います。
この、charity of the yearの団体は応援箇所がとても多くて、
今年はcancer research UKだったのですが、8-9箇所くらいで応援してたのではないでしょうか。
なので、たくさん応援されたい方には来年はNSPCCがお勧めです。

ロンドンレポ続き。
25kmから
前回はいかにも、今から失速します!みたいな終わり方のラップで終わったけど
ご期待に反して(笑)もう少し耐えるんですw

25-30 km 22'35 (4'32)
4'30 - 4'28 - 4'38 - 4'25 - 4'25

カナリーワーフというロンドンの再開発的なところを離れ、
普通の住宅街的なところを進みます。
ほぼ平らですが、ときどき登る感じです。
そしてぐるっと回って、またカナリーワーフに戻ってきます。
カナリーワーフは応援に来やすい場所だからか、どこも大応援団!
ビルも多いけど応援も多い。
30kmはカナリーワーフのど真ん中です。
30kmも無事通過。
あと12kmで終わっちゃうんだーという思いとともに、
左足がそろそろ失速しそうな予感でした。
足の裏の感覚が変わって来たかな、と。

30-35 km 23'22 (4'41)
4'23 - 4'36 - 4'33 - 4'48 - 4'43

カナリーワーフを抜けると、また登ったり下りたり。
立体交差があったりで、予想よりはアップダウンのあるコースでした。
でも本当に楽しくて。
この区間も応援が多かったです。
20マイル(32km)でも、あと10劼ーと。
走り終えたいような、終わっちゃうのがもったいないような感じでした。
33kmまでは耐えましたがそこから失速。
ガーミンにキロ5が出ないように頑張りました。
35km手前から、後続のランナーとすれ違います。
(わたしがハーフ過ぎにトップとすれ違った区間に戻ってきたわけです)
後続の方は道路が混んでました。
そしてここでジェルがもらえます。
ジェルは現品そのまま!
もらったのをそのまま食べましたが、オレンジ味でした。
少し元気が出たかな?
スポドリの量が多かったりジェルも2回もらえたりで、
結局自分のジェルは使わずでした。
良いのか悪いのか分からないけど、積極的にジェルを欲する感じには今回なりませんでした。
時差や移動・観光の疲れもある中走る海外のレースは、
やはり体調がなんとなく違うように感じます。

ここからはロンドン市内をひたすら西に進み、
ゴールのバッキンガム宮殿、ザ・マルを目指します!


JUGEMテーマ:ジョギング

ロンドンレポ、続き!

ロンドンはマイルで今自分がどこにいるかを把握してたので、
このレポがすごい書きにくい。。。

5km毎のラップはofficial,
1km毎は手元のガーミンなのでずれがあります。


10-15 km 22'41 (4'33)
4'31 - 4'30 - 4'30 - 4'27 - 4'28
応援も多いし、周りに同じペースのランナーも多くて、楽しかったです。
そして曲がるとカティーサーク
見どころをぐるっと回るようにしてくれているのは嬉しいです。
このあたりで、ウェットスーツを着て走るギネス記録を狙う人を抜きました。
もちろん抜き際に声をかけて応援。
3時間23分を切れば良いらしいのだけど、彼は達成できたのでしょうか。。。
8マイルを過ぎたところで、8−9マイルにBHFの応援がいるとわかっていたので、
サングラスを一度とりました。
実際は詳細な地図も配布されていたのですが、
行ったこともないところの地図だけ渡されても走った時にもうすぐだ!と気づくのは
相当予習しておかなきゃ困難かと。
というわけで8-9 mileはBHFの応援団を探しながらのラン。
このようにロンドンは一般の応援+チャリティ団体の応援が入るのですごく応援が多いんです。
BHFの旗を探しながら走っていたら、ついに発見!!
名前を呼んでくれたり大声で叫んでくれたり、アイドルになった気分でした☆
(2011年のBHFの動画です。)
次のBHFの応援の箇所が楽しみになりました。
あとはBHFと提携してる団体も、絶叫応援してくれました^^

日本のマラソンもチャリティ団体が応援団を出したりしたら、
もっとチャリティランナーが増えるんじゃないかなと思いました。

15-20 km 22'25 (4'30)
4'29 - 4'29 - 4'23 - 4'28 - 4'25

15kmを過ぎると、地下鉄の駅のマークが出てきたり、だんだんと街中感が出てきます。
恐ろしいくらい楽にこのペースに乗れていて、練習していないのになー、と思っていました。
アドレナリンの効果ってすごいなー、と。
10マイル(16 km)で2回目のスポーツドリンク。
スポーツドリンクは、日本の大会よりも設置が少ないですかね。
また500mlのペットボトルでもらいました。
タワーブリッジが20卉賄世覆里如∩瓩来ないかなーと楽しみで楽しみで。
行きに船乗り場まで歩いた時にタワーブリッジを1度わたっていて、
タワーブリッジの前後に若干アップダウンがあるなーと気にしていましたが、
アドレナリンで気にならず。
20km通過 ネットタイムで1:30:11
通過したとき、手元の時計を見ながら、
あー、これなら今度の高島平は完走できるかなーと
ロンドンまで来て高島平のことを考えていました(笑)

20-25 km 22'26 (4'30)
4'27- 4'30 - 4'24 - 4'25 - 4'56

タワーブリッジを渡ると、今度は右折します。
ハーフ通過がグロスで1時間37分をきっていたので、
少し飛ばし過ぎ?と思いつつも、
どうせどこかで脚が痛くなるのだから、もういけるところまでいってしまおうと。
ここで一番楽しみにしていたのは、トップとのすれ違い。
キプサング?キメット?誰がトップで来る?と楽しみで楽しみで。
先行車っぽいのが来たー!
放送車っぽいのが来たー!
と気持ちが高ぶったけど、
実際にトップ選手が来たらお互いにけん制してたのか、
3-4人の集団で、レースが動いてなくて残念でした。
でも、スリムな感じとか、動きの感じとか、やっぱり生で見ると違う!
24-25kmが極端におかしなことになってるのは、
軽い登り+おそらくトンネルかと思います。
たぶんこのあたりのトンネルで一度ガーミンが測定できなくなりピーピー鳴っていたので。
でもトンネルの中もDJの声が響いていたり、ライティングされてたりですごく楽しかった!

つづく。

だいぶ筋肉痛が抜けました!
太らないようにオフ中も運動しなきゃ・・・

☆今回の設定
あまり練習はできていませんでしたが、
焼津の感覚から、サブ3.5はまぁいけるだろうなーという感じはありました。
30キロ走もできてなかったけど、チャレンジ2020で4週間前に一応42Kは走っていたので。
天候は悪くなかったので、練習不足を考えると設定ペースは4'40-4'45、
3時間20分前後が妥当?ということで、
エキスポでも3時間20分のペース表をもらってきました。

英国もマイル表示なので、ペース表必須だと思います。
km表示もありましたが、小さくて見つけきれないところもありました。
マイルは1マイル毎にゲートもあり、見逃すことはないはずです。
また、このペース表はジェルがもらえるところに*マーク、
スポドリがあるところに網掛けされているのでわかりやすかったです。
赤丸がついているところは、わたしのチャリティ団体、BHFの応援が入るところ。
写真・ビデオ撮影とかがあるので、見逃さない用にチェックしておきました。笑
今回、BHFは450人以上の応援団を結成してくださりました。

ただ、過去の海外レースの経験から行くと、
どうしても蹴ってしまう&反り腰のわたしは、路面の硬い海外では絶対後半で足腰が痛くなるんです。
前半抑えても衝撃で足腰が痛くなり後半落ちるのですから、
前半少し攻めても良いのではないかと思い、
4'40-4'45よりは少し飛ばし、4'30-4'35で入ってみようとスタートラインに立ちました。

以下、5km毎のラップはオフィシャル、
1km毎はガーミンです。

0-5 km 22'18 (4'28)
4'28-4'25-4'29-4'23-4'25

ロンドンマラソンのコースは3-5kmでぐーっと下ります。
ここでは夢を見れる、と過去に走られた方からも聞いていました。
なので、ラップは早いですがあまり気にしませんでした。
人数は多いのですが、スタートは本当にスムーズでストレスなく走れました。
1マイル過ぎにいきなり後ろから男性に
”Good luck!”と声をかけられ追い越されました。
わたしと同じチャリティ団体のチャリティランナーでした。
最初驚いたし、あまりに一瞬だったので、
"You,too!!"しか言えなかったけど、
これはチャリティランナーのメリットかなと。
その後は同じウェアの人とはお互い抜いたり抜かれたりするごとに
励まし合い、1人で走っている気がしないし、心強かったです。
British Heart Foundationはそこそこ出走枠を持っている団体なのですが、
最後まで男性3人、女性1人と抜いたり抜かれたり。。。仲間意識が芽生えます。
チャリティーで走って良かったなと思いました。
あと、ロンドンマラソンは本当に応援が多くて!
トンネルとか人が立ち入れないところ以外では途切れることなく応援をいただけました。

エキスポで8ポンド払って入れた名前はこんなに大きくて、
何度も「ヒトミ!」って呼んでもらえました。
Hitomiは発音しにくい名前だと思うのだけど、嬉しかったです。
あとはやっぱり「ハイトム」と2回言われました。笑
当日走るウェアにはぜひ名前を入れることをお勧めします。
あとはハートランナー!と言われたり、「Go Japanese!」とか
「ガンバレー」「オハヨー」とか。。。
最初はグリニッジの住宅街の中を走ります。
緑も多く、リラックスして走れました。
4 km過ぎ、坂を下りたところでブルー、グリーンのランナーと合流します。
このあたりは4車線くらいだし、混雑も気にならなかったけど、
このペースで走っていても周りにはランナーがいっぱいで、
結構レベル高いなーと感じました。
集団の流れに乗って走るように心がけていました。
そして、ブルー、グリーンと合流ししぜばらくすると
ベルリンにもあった青の三本線を発見!
できるだけこの線のそばを走るようにしました。
3マイル(4.8 km)で初めての給水所
お水はペットボトルでもらえます。
スポーツタイプの飲み口になっているので、超飲みやすいです!
応援も多いし楽しくて、あっという間の5kmでした。

5-10 km 22'47 (4'34)
4'18 - 4'31 - 4'33 - 4'39 - 4'36

さすがに5-6 kmのラップを上げすぎたので、
そこからは少しおさえました。
あと、車線が減り少し混み合った感じになりました。
前へ前へ行こうとせず、集団の流れに任せて走りました。
8 km で初めてのスポーツドリンク給水
こちらは500mlのペットボトルで配られます
(そんなに量はいらないと思うのですが・・・。)
ペットボトルの飲み口は相変わらずのスポーツタイプ。
ランナーの人数が多いこともあり、飲みかけのペットボトルがごろごろ転がっていて
足元は結構怖かったです。
ほぼまっすぐ、グリニッジ市街を道なりに進み続けて10km 
ネットタイムで45'07
全然疲れはなく、痛みもないし、
思ったよりも走れているので少しほっとしました。

つづく。

☆いつも応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:ジョギング

個人参加した情報を日本語で手に入れるのが非常に難しいと今回感じました。
後々どなたかの役に立てたらいいなーと思いながら。。。


☆エキスポ
エクセル展覧会センター
http://london.navi.com/play/46/
最寄駅はDLRのcustom houseになります。
駅を降りたらすぐです。ここはzone3になります。
電車ですが、
どの程度観光をするかにもよりますが、ロンドンマラソン目的で数日滞在する程度ならば、
oyster card(suicaみたいなもの)の購入がお勧めです。
1回1回切符を買っていると超高いです。
また、マラソン当日はゼッケンを見せれば17時までは電車にタダで乗れます。
エキスポ自体は地味でした。
ただでさえ物価が高いうえに、円安なのでとりあえずいろいろと高い。
でも、ジェル系はまとめ買いすれば日本とどっこいどっこいな値段かな?
Tシャツに名前を入れてくれるサービスがあります。
8ポンド、文字の大小と色は赤、白、黒くらいから選べました。
これは絶対に利用をお勧めします☆

☆当日の交通手段
スタート地点はグリニッジです。
ゴールはバッキンガム宮殿前を通過し、The Mallです。
スタートまで行く手段は電車(無料)か船が無難かと思います。
わたしはホテルが船乗り場から近かったこと、
観光も兼ねられること、
乗換もないし、
船だと確実に座れるので船にしました。 
日本でオンライン予約し、チケットをプリントアウトしていきます。
ランナー割引があり、4.7ポンドくらいです。
タワーブリッジの下もくぐれるし、楽しかったです。
お勧めはやっぱり船です(^^)
エンバンクメント、ロンドンアイ、ロンドンブリッジ、カナリーワーフあたりの乗り場から乗れます。
なので、この近辺のホテルも良いのかなーと。


船を降りるとスタートのグリニッジ公園。
今回は霧雨で寒かったです。着替え用のテントも人がいっぱいでした。
トイレはあまり多くなくて、超並んでました。
「これに並ぶのか―」と思ってたら、
FEMALE URINALSと書かれた、黒くて高い塀に囲まれたコーナーを発見。
FEMALE=女性、
urineが尿なので、URINALと書かれたここは、何らかの女子トイレコーナーに違いない、と思い入ってみました。
入って唖然。
女子用の立小便器が芝生の上に並んでいます。
便器の間にパーテーションとかなく、一気に30人以上できる感じ。
みんなランパンをおろし、お尻を出して立ったまま前向きで用を済ませています。
そして、入ってすぐのとこに紙でできた筒があります。
ボランティアの方が、
「こうやって男の人みたいに使うの」と教えてくれました。
衝撃を受けつつも、ここはトライ!と挑戦。笑
あの仮設トイレに並びたくないし。
というわけで、イギリス・グリニッジで人生初の立ちションというものをしてきました。
でも周りの人たちも爆笑しながら楽しんでる感じで、
わたしも隣のブロンドランナーと「生まれて初めて!」と笑い合ってたので、
通常ではないのだと思います。。。

世界は広いです。

Resultを見ると。。。
今回、国を"Japan"にしている完走者は73人です。
ゼッケン番号を見れば58***という人は、日本のツアーで参加している方のようです。
ロンドンマラソンはスタートが3か所あって、途中で(5 kmより前です)合流します。
ツアーで参加するとBlue startになります。
トップ選手もBlue startなので、おそらくBlueがタイムがもっとも出やすいコースなのかもしれません。
チャリティ枠で出たわたしはRed startでした。
Red startは
ブロック0 "Good for age"という英国内居住者のための枠でサブ3の人 と思われる
ブロック1 チャリティ枠のサブ3の人
ブロック2 チャリティ枠の3時間〜315 or 330の人 と思われる
感じでした。
ブロック2のわたしのロスタイムは1分50秒。
スタート後は前はわたしより早い人ばかりなので、
人は多かったですが比較的スムーズに走り出せました。
(別大とかのスタート後の感じに似てるなーと。)

ブロック1の一番後ろに、3時間のペースメーカーがいました。
ブロック2の中ほどに3時間15分のペースメーカーがいました。
ペースメーカーはRed, Blue, Greenにそれぞれ1人ずついるので、
合流以後は3人のペースメーカーがいることになります。
大きな旗を背負って走ってくれているので、分かりやすかったです。

次はスタートします。

My Charity Page

☆いつも応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村


JUGEMテーマ:ジョギング

練習は十分にできなかったけど、
ネットタイム 3:13:26と
シーズンベストでした。
応援に助けられた感じです。

ハーフは1:35:07!

また詳細は後日。

British Heart Foundationへのcharityお願いします☆

JUGEMテーマ:ジョギング

昨夜はボストンマラソン観戦のため夜ふかししました。
でも懐かしい風景。
お天気は去年と違っていたけれど、やっぱりボストンは素敵だなぁと。
来年は走りたい!と思うけど、
他にも4月に行きたい海外の大会があり、迷うところです。



思うように練習はできなかったけど、
出発する決意はつきました!

ロンドンは前日の夜までにオンライン上で棄権すれば、
2016に再度entry feeを払えばballotとかなしで出走可能なシステムになっています。
なので、棄権を考えた時期もありましたが、
やはり走れるときに、今年走ろう!と思ったわけです。
来年元気かも分からないし、
来年生きているかも分からない。
できるときにできることを。

ひとまず、6月8日までに2000ポンドcharityのノルマがあるので、
わたしは財団に借金を抱えたまま走る感じです。苦笑

British Heart Foundationへのチャリティページ

まさかいないとは思いますが、応援にいらっしゃる方がいれば、
財団のアフターレースパーティーにご招待しますので連絡ください。
わたしに寄付をしてくださった方、4人まで入場できるので^^
ゴール近く、テムズ川沿いのお店です。

キャサリン妃が今週にも出産?とニュースになっておりますが、
ロンドンはどんな盛り上がりなのか、楽しみです☆

2016年のロンドンマラソンですが、
現地時間で2015年5月4日に抽選サイトがオープンします。
数時間でいっぱいになりますので、応募を検討される方は忘れないようにお気を付けください。

チャリティーランナーを検討されている方も、
2016年の事前登録を始めている団体もあるようです。
まだ走ってないけど、わたしの今回の経験として、
日本に住んでいる日本人でもチャリティ―ランナーに応募できるし、
諸々の支払いもクレジットカードでできるので、
そんなに問題はないと思いました。
・クレジットカードがある
・簡単なメールのやりとりができる
・ロンドンまで個人旅行できる
ならばチャリティーランナーも選択肢の1つかと。
(わたしの団体は、英語で一度電話をする必要がありましたが、すべての団体が必要ではないようです)
来年、興味がある方は、非公開コメントにして連絡先を入れてくだされば、
こちらから折り返し連絡して、応募でわからないことなど、ぜひお手伝いさせていただきます☆

為替にドキドキ・・・笑

☆いつも応援ありがとうございます☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
JUGEMテーマ:ジョギング

今日はお昼休みにExpediaのセールを見ていたら。
前日に良いホテルが見つかった!

いろんなものを食べたいなーという気持ちはあるのですが、
いざ食べようとなるとそれほど食欲がわき起こらず、
どうしても普段よりお昼休みが余るのです。
そして趣味であるホテルの予約にひたすら励んでいます。



スタート 緑の☆あたり
ゴール ”A”のマーカーがあるあたり

最初予約してたホテル 赤い★
今日見つけたホテル 黄色い★

最後まであきらめないことが大切です。
だいぶ近くなったよー!!

お金を払って船で行くか
電車で無料で行くか迷っています。

せっかくならロンドンらしい乗り入れ方をしようかな、と。

ロンドンマラソン、電車はゼッケンがあれば当日午後5時まで無料のようです。
帰りはBHFの打ち上げ会場の最寄駅から地下鉄で乗換もなく10分になったので、
便利そう♪

今日は寒いけど
風邪ひかないように気をつけなくては。


Info



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ブログ村

ブログ村☆マラソンブログ☆ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

google

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 結婚しました☆
    ひとみ
  • 結婚しました☆
    mizore
  • 結婚しました☆
    キミ兄
  • マラソン年齢別ランキング*6年連続ランクイン!
    ひとみ
  • マラソン年齢別ランキング*6年連続ランクイン!
    yasu
  • スピードの単位
    ひとみ
  • スピードの単位
    りょうた
  • Yahooニュースデビューしました(笑)
    ひとみ
  • Yahooニュースデビューしました(笑)
    おぐ
  • 東京マラソン・結果
    ひとみ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM